当医院へのアクセスはこちら

医院コラム【しんたに歯科医院通信】

5人に1人がかかる!?エナメル質形成不全

 

 

こんにちは。院長の新谷です。

秋はお月見シーズン!
9月は1年で最も美しいと言われる、
「中秋の名月」も空に昇ります。

月を眺めながらお団子をいただくというのも、
なかなか風情がありますよね。

 

さて、夜空に輝く月は美しいものですが、
歯も白く輝いていると
口もとが美しく見えませんか?

歯が白く見えるのは、
エナメル質という組織があるからです。

 

しかし、このエナメル質が
正常に形成されない事があります。

 

 

 

 

◆エナメル質の役割

 

歯はエナメル質・象牙質・セメント質という
3つの層からできています。

そのうちエナメル質は
人間の体の中で最も硬い組織
です。

 

歯の一番外側にあり、
熱いものや冷たいもの、酸性の食品などが
敏感な象牙質に触れないように
刺激やむし歯から歯を守っています。

歯に白い輝きを生み出しているのも、
このエナメル質のおかげです。

 

 

 

 

 

◆そんなエナメル質が「もろく」なる?

 

ところが、大事なエナメル質が不完全な状態で
歯が生えてくることがあります。

 

歯の表面に
ボソボソとした「白いまだら」が生じたり、
むし歯でもないのに、歯の一部が
茶色や黄色に変色したりしていた場合は、
『エナメル質形成不全』の疑いがあります。

 

また、重度の場合
歯の表面がデコボコしたり、
歯を覆うエナメル質が無いため、
象牙質がむき出しになったりしてしまいます。

 

 

 

 

しかも、エナメル質形成不全の症状がある歯は
見た目の変化だけでなく、
通常の歯よりもむし歯になりやすい
という特徴もあります。

 

エナメル質形成不全の発症しやすい箇所は
奥歯(第一大臼歯)と前歯です。

 

特に奥歯は汚れが溜まりやすく、
むし歯になりやすい
ため十分注意が必要です。

 

 

 

 

◆子どもの5人に1人が発症!?

 

日本小児歯科学会が
7歳から9歳の児童を対象に行った調査によると、
地域差はあるものの
およそ5人に1人がエナメル質形成不全
という結果が出ています。

 

エナメル質形成不全は決して珍しいものではなく、
思いのほか、高い頻度でかかり得る疾患なのです。

 

 

 

しかも、乳歯の場合、
もともとエナメル質が薄く、
むし歯になりやすい
のですが、
エナメル質形成不全の歯がむし歯になってしまうと
あっという間に
歯の神経まで進行してしまう
ため、
より一層注意が必要になります。

 

乳幼児検診や学校の歯科検診で
エナメル質形成不全と
診断されることもあるかもしれませんが、
その場合は必ず定期的に歯科に通い
チェックをしてもらうことが重要です。

 

そして、日頃からしっかりセルフケアもおこない、
お子さまの大切な歯を守っていきましょう。

 

 

 

しんたに歯科医院
〒659-0015
兵庫県芦屋市楠町15-2 グランデアステール1階
TEL:0120-963-118
URL:https://kireinaha.com/

引き続き感染対策を徹底しています

当院では引き続き徹底した感染対策を実施しております。汗ばむ季節になってまいりましたが、換気の為に常時の換気も引き続き実施しております。なお、空調装置にはダイキン製のプラズマイオン殺菌機能付きのを採用しております。患者様にはご迷惑をおかけいたしますが換気優先での院内環境とさせていただきます、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新型の歯科診療ユニットを導入しました

診療ユニット国内トップメーカーのYoshida社の最上級機種EXCEED-Cs premiumを導入いたしました。精度の高い治療は術者の精度の高い手技だけではなく、精度の高い治療器具を用いる事で達成されるものだと考えます。最新機能と最上級の装備により、さらに精度の高い治療を実現することができたと考えております。小型軽量なブラシレスワイドレンジモーターBLを搭載して、回転モード(AS、AR、AF)やトルク設定が可能なエンド機能を持つ精度の高いコントロールが可能になりました。また、スイスEMS社製PIEZONスケーラーを搭載しており、その振動運動の線形振動は確実な治療結果のための高精度治療を可能にしています。

治療精度だけでなく非常に清潔である点も優れています、はずして洗えるスピットン、無影灯カバー、凹凸が少ない一体型シートやユニット部など清掃性に優れた設計の感染予防対策ユニットです。さらに自動フラッシング機能搭載しており全てのインスツルメント類とコップ給水の滞留水を自動サイクルで排出しサイクル終了後にバルブを自動で閉じます。簡単な操作で、水回路をクリーンに保つことができます。

当医院での感染予防対策につきまして

当院では新型コロナウイルス問題以前より、専用洗浄機による切削ドリルの消毒・滅菌、患者毎の手袋の交換、サージカルマスク着用、器具の消毒・滅菌の徹底、可能な限り使い捨て器具の採用、スタッフの手洗い・うがいの徹底、ウイルス抑制に効果があるストリーマ空気清浄エアコン・空気清浄機の導入、院内へのアルコール・次亜塩素酸による清拭、を実践してまいりました。従前より徹底した対策を継続して実施しております。当医院は厚生労働省の定める「感染症対策実施歯科医療機関」に適合しております。そして昨今のコロナ禍の状況下では感染症対策のさらなる充実が必要であると考え万全の対策を追加しております。

院内の常時換気、待合室の利用人数制限、すべての患者さまと訪問者さまへの体温計測と当日体調問診票へのご記入の依頼、スタッフへの一日2回以上の検温と記録、院内の清拭頻度向上、などの取り組みを追加で実施しております。

患者さまや訪問者さまにおかれましては、発熱・倦怠感・味覚異常などの感冒症状をお持ちの方、海外渡航歴の方、は受診をお控えいただくようお願いしております。当日体調問診票の内容や体調によっては、診療のお約束を延期させていただく場合がございますのでご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

歯科治療でのクラスター発生は一件もありません

歯科治療においての新型コロナのクラスター発生は一件もありません。2021年3月18日現在、日本全国の歯科医院において患者さまから患者さま、および医院スタッフから患者さまへの新型コロナウイルス感染は一件も確認されておりません(2021年3月19日付け田村厚労大臣の答弁より)。

歯科医院では飛沫感染やエアロゾル発生の危険があるとの報道もありましたが、日常的に徹底した院内感染対策を実施していることに加え、現在では追加措置の実施も含めてより強化した態勢で実施しております。

口腔内を清潔に保つことはウイルス感染の水際対策であり、誤嚥性肺炎の予防などこの非常時においても非常に重要な役割を担っております。患者さま方におかれましても、うがい手洗いだけでなく徹底した口腔内環境整備にも心がけていただければと思います。

独Mile社ジェットウオッシャーを導入しました

ドイツMile社製ジェットウォッシャーを導入しました。このウォッシャーディスインフェクターは医療器具の洗浄・すすぎ・高レベル消毒までを全自動で行う機器です。循環水量が毎分500リットルと歯科用最大級のヒーター内蔵可変循環ポンプにより高圧洗浄・熱水消毒で確実な洗浄を行うことができます。国際規格IS15883の中で規格化されている洗浄と消毒のプログラムで熱水消毒を行います。当医院ではさらに、さらにオートクレーブにて芽胞を含む全ての細菌を死滅させる滅菌工程を行っています

熱水消毒においてウォッシャーディスインフェクターに関する国際規格(ISO15883)があり、歯科で使用される器具はクリティカル(無菌組織や血管系に挿入する器具分類)およびセミクリティカル(正常な粘膜・体液または傷のある皮膚に接触する器具分類)なものが多いため、ウォッシャーディスインフェクターによるA0値3000の消毒レベルが望ましいとされています
当医院に導入されているミーレジェットウォッシャーはB型肝炎ウイルスやHIVなどの病原体をも完全に不活性化する高レベル消毒洗浄を可能とした、A0値3000の基準に適合する医療機器となっております。当医院でなっておりはウォッシャーディスインフェクターの導入により洗浄工程のさらなる確実性向上を図ってまいります。

また、今回の導入のもう一つの目的は実は「医院スタッフの安全確保」であります。歯科医院では洗浄すべき器具に形状が鋭ったものが多くあり、器具洗浄時に自らの手指を誤って刺してしまう事例が起こる可能性がありました。この危険な器具洗浄工程をウォッシャーディスインフェクターの導入で自動化したことで、器具は感染性が無い状態にまで洗浄されますので医院スタッフにとって非常に安全になりました。機械で出来ることは機械に任せてしまい、医院スタッフは人にしかできない患者さん対応等に専念していければと思います。

当医院の新型コロナウイルス(COVID-19) 対策『感染しない・させない 取り組み』

【安心・安全】 患者さんと職員の安全のためにできること…
しんたに歯科医院では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、患者さんと当院の職員とそのご家族の安心・安全に配慮した感染予防のための様々な取り組みを行っております。

【当医院のコロナウイルス感染症対策について

当医院では従前より徹底した対策を継続して実施してまいりました。昨今のコロナ禍の状況下では感染症対策のさらなる充実が必要であると考えており万全の対策を追加しております。当医院は「感染症対策実施歯科医療機関」に適合しております。

(1)手指の消毒の徹底
・スタッフの定期的な殺菌石鹸手洗いとアルコールによる手指消毒を徹底しています。CDC米国疾病予防管理センターで行われているラビング法を採用しています。
・受付に手を触れずに使用できる清潔で安心な「センサー式消毒アルコール手指噴霧器」を設置しています。全ての来院者の方(患者さん・付き添いの方・業者の方を含む全ての方)に必ずアルコール消毒をお願いしております。

(2)非接触体温計による検温の徹底
・全てのスタッフに一日二回の検温とその記録を実施し、発熱のある(37.5℃以上もしくは平熱より1℃以上高い)スタッフは一切出勤しません。
・来院者の方にも必ず非接触体温計による検温とその記録をお願いしております。全ての来院者の方(患者さん・付き添いの方・業者の方を含む全ての方)にお願いしております。正確な日本製医療用の清潔な「非接触型体温計」を採用しております。

(3)スタッフの体調管理の徹底
・スタッフには勤務中だけでなく普段から手洗い・うがいを励行させています。
・スタッフには勤務後・休日の過ごし方につきましても三密リスクを避けた生活を行うよう指示を徹底しています。
・全てのスタッフの一日二回の検温とその記録を実施しております。

(4)清掃のさらなる徹底
・治療毎の治療台を含めた診療室の消毒液による清拭をさらに徹底しています。
・CTレントゲン装置は患者さんの口腔が直接触れる部分は使い捨てビニールカバーで覆い撮影毎に交換しています。触れない部分も撮影毎に消毒液による清拭をさらに徹底しています。
・診療室だけではなく待合室やお手洗いなどの定期的な清掃についても特に高頻度に行うようにしております。消毒薬剤による清拭を徹底しております。

(5)接触感染防止の防護体制
・従前より清潔な使い捨て紙エプロン・紙コップ・使い捨てトレー・サージカルマスク・使い捨てグローブを使用しています。
・必要に応じてゴーグル・アームカバー・防護衣も着用し、完全防護で接触感染リスクを排除しております。

(6)飛沫防止アクリル板の設置
・受付に飛沫防止アクリル板を設置させていただいております。大き目で特に透明度が高く安全性に優れた製品を取り寄せました。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

(7)定期的な換気の実施
・定期的な換気を実施しております。空調の効きに影響を及ぼしご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

(8)雑誌類やおもちゃの撤去
・感染リスクを考慮し、待合室の雑誌類とキッズコーナーのおもちゃは撤去しております。


※コロナウイルス感染症対策の追加取り組みにおいては、皆様にもご不便をおかけする事もあろうかと思いますが、全ての患者さんと職員およびその家族の皆様の安心安全のための措置となりますので、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【当医院の「日頃からの」感染症対策について】

当医院では安心安全な医療の推進には感染症対策が最も重要であると考えており、従前より徹底した対策を継続して実施しております。

(1)大学病院レベルの清潔さの洗浄殺菌滅菌
・高レベルな洗浄殺菌滅菌を実施すべく、大型オートクレーブや高性能超音波洗浄機を導入しています。
・全ての治療器具は使い捨てもしくは洗浄殺菌滅菌済であり、使いまわしは一切行いません。器具の洗浄と滅菌については特にトップレベルの設備と体制で取り組んでおります。「安全・安心」な歯科治療を皆様に提供するためには、治療器具の洗浄・滅菌を徹底し医院内の清潔を維持することが必須だと考えております。

(2)全てのドリル類に自動洗浄殺菌滅菌を使用
・全てのドリル類も専用の全自動洗浄殺菌滅菌装置DACユニバーサルを導入しております。外面だけでなく内部管構造部分も徹底的に洗浄殺菌滅菌および注油されるので非常に清潔です、もちろん使いまわしは一切行いません。
・患者さん毎に「全ての治療器具」は勿論のこと「全てのコントラ・タービン(歯を削るドリル)」も洗浄滅菌したうえで患者さん毎に全て新しいものに交換しております。

(3)口腔外バキューム装置の導入
・口腔外バキューム装置は治療中に飛び散る唾液・血液を吸引します。
・義歯や歯科素材を調整するときに発せりする削りカスや金属破片も吸引します。
・感染性のある細菌やウイルスも医療用HEPAフィルターで確実に吸収し、空気中への浮遊を阻止します。
・口腔外バキューム装置は感染防止対策に有効な装置として厚生労働省にも導入を推奨されております。
・当医院では治療タイプと技工タイプを4台保有しております。

(4)ディスポーザブル製品の多用
・当医院では紙エプロン・紙コップ・紙トレー・ニトリルグローブ(手袋)等は全て患者毎に使い捨て(ディスポーザブル)製品を使用しております。、使いまわしは一切行いません。

(5)個室タイプ診療台の採用
・個室タイプ診療台を導入し飛沫対策を十分に実施した構造になっておりますので、口腔外バキューム装置の効果も相まって治療で飛沫が飛び散って感染するリスクはありません。

(6)ストリーマ空気清浄機の導入
・当医院ではウイルス細菌の抑制に効果があるストリーマ空気清浄機を導入しております。また、全てのエアコンにもストリーマ発生装置を装備しております。

歯科医院ではPCR検査を受けることはできません

一部報道で歯科医師がPCR検査を実施できる旨が発表されておりますが、これは研修を受けた歯科医師が大学病院などの拠点病院や行政の設置するPCR検査場などで実施する事を想定した内容となります。当院を含む一般歯科診療所においてはPCR検査を受けることは出来ませんのでご了承ください。

これまで通り、新型コロナウイルス感染症患者との接触歴があり、 37.5℃以上の発熱、呼吸器症状(咳・咽頭痛・呼吸苦・強い倦怠感・ 味覚嗅覚障害)などの症状がある場合は、お住まいの都道府県の「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。

非感染性の医療用「非接触型」体温計を採用

【安心・安全】 患者さんと職員の安全のためにできること…
しんたに歯科医院では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、患者さんと当院の職員とそのご家族の安心・安全に配慮し感染予防のための様々な取り組みを行っております。

来院されたすべての方を受付にて検温させていただいております。検温は非感染の「非接触型」医療用体温計で行いますので清潔で安全です。測定は額で行います、測定時間は最短わずか1秒。距離センサを搭載し適正な距離で測定を自動で実施する日本製「医療用」体温計ですので、正確に計測することができます。

また医療用パルスオキシメーターを受付と診療室に常備しております。当医院で採用している医療用パルスオキシメータは、安心・安全・高性能な日本製です。

さらに来院された全ての患者さんを対象に健康状態に関しての問診も実施させていただいております。ご不便やご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、皆様に安心安全な医療体制を提供するための措置となりますので、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。スタッフの体調管理として毎日午前と午後の2回に検温を実施しております、その記録を義務付けております。当医院では、発熱したスタッフは出勤しません、発熱がなくとも体調不良の場合も自宅待機としています。

口腔外科研修会に参加しました

今日は大阪で開催された口腔外科の研修会に参加してまいりました。
新しい検査法などについての技術を習得する機会が得られましたので、さらに研鑽を積ませていただきより精度の高い診療につなげてゆきたいと考えております。