当医院へのアクセスはこちら

医院設備

コンピュータ断層撮影装置による診査診断の有益性

当医院で採用した最新型の歯科用低線量CT撮影装置(コンピュータ断層撮影装置)による、極めて正確かつシャープに撮影されコンピュータ処理され分かりやすく表示された画像です。
この3D像からAxial,Sagittal,Coronalの4画面の画像が連動し見やすい断面画像へアシストしてくれる優れものです。CT撮影による診査診断は各種治療において以下のような有益性があります。
【歯周病治療において】
CTにより歯周病による骨の破壊の程度が、従来は困難であった立体的な構造を把握できますので、より適切な管理・対応が可能となります。
【根管治療において】
歯根の先端にある根尖病巣の程度や治療後の変化を三次元的に把握する事が可能になったので、難治ケースにおいて威力を発揮します。
【智歯抜歯において】
埋伏している親知らずのそばには、神経・血管が近接している場合があるので、その位置を立体的に知ることが可能となり安全性が高まります。
【インプラントにおいて】
インプラントの埋入部において骨の状態(骨質、骨量、高さ、幅など)を知ることが非常に重要となるため、CT画像による術前術後の三次元的評価が必須となってきています。

CTでお口の中の状況をより分かりやすく

当医院で採用した最新型の歯科用低線量CT撮影装置(コンピュータ断層撮影装置)による、極めて正確かつシャープに撮影されコンピュータ処理され分かりやすく表示された画像です。
歯科CT撮影の特徴としては水平・垂直・奥行を断層的に撮影することにより、立体的な三次元の画像を得ることができる点です。
従来のレントゲンは水平・垂直のみでしたので平面的な二次元の画像でしたので、どうしても診査診断に制約が出る場合があったのです。
従いまして歯科CT撮影によって、見えなかった物が見えるようなり、判らなかったことが判るようになった結果、「より一層治療の安全性が拡充する」というメリットを享受できるのです。

最新型CT撮影装置を導入しました

最新型の歯科用低線量CT撮影装置(コンピュータ断層撮影装置)を導入しました。
同機種の導入は阪神間では他医院に先駆けての採用になります。
最高レベルの高解像度CT画像を安全性の高い低線量で得られる装置です。

高画質センサーとパワフルな高速CPUを使用しているので、CT撮影だけでなく通常のデジタルレントゲン撮影においてもシャープな解像度の画像が得ることができ、より確実性の高い診査診断に役立てる事ができます。必要に応じてCT撮影を行うことで、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査など、幅広い分野に対して立体画像の状態で利用できるようになりました。

歯科用CTと医科用CTとの大きな違いは、撮影方法が医科用CT装置は横たわるファンビーム方式であるのに対し、 歯科用CT装置は立ったままでのコーンビーム方式での撮影となることです。そのため、歯科用CT装置は撮影時間が短く10数秒ほどで、照射量も格段に少なくて済みます。特に当医院で採用した最新型の歯科用低線量CT撮影装置においては、レントゲン線量は「東京~ニューヨーク飛行機往復利用時の宇宙放射線量のわずか1/5程度」と低水準(医科用の約1/50程度)であるところが特徴となります。

歯を削るドリル専用の「全自動洗浄・滅菌機」を最新型に入れ替えました

10151218

このたび、タービンやコントラハンドピース(歯を削るドリル)専用の全自動洗浄・滅菌機のドイツSirona社製のDACユニバーサルを最新機種に入れ替えました。
当医院では「安心・安全な歯科医療の実践」のために例外なく全てのタービンやコントラハンドピースをこのDACユニバーサルで洗浄・滅菌を行っています。この装置は、タービンの内部回路を隅々まで完璧な洗浄ができるだけでなく、外部洗浄の工程でもパルス洗浄2回と温水洗浄1回を行い確実なハンドピースの洗浄を全自動で行いバイオフィルムや汚れを素早くより効率的に取り除き、ヨーロッパ基準EN13060のクラスSに準拠した131℃滅菌プロセスを全自動で確実に行います。

阪神間で先駆けて2008年に導入した初代DACユニバーサルでしたが、保守に手間取る事も多くなってきたので思い切って新機種に交換しました。最新機種ではハンドピースの洗浄能力が大幅に向上しましたし、滅菌プロセスに必要な3μS/cmの高度純水を自動で生成し投入するようになりましたので省力化にも貢献してくれています。

最新型 洗浄・滅菌機を導入しました

治療器具の全自動洗浄・滅菌機を導入しました、
ドイツSirona社製の最新型機種です。
この機械を導入した医院は、日本国内ではまだまだ珍しいようです。
治療において、さらなる安全性・確実性の向上を目指し今後とも積極的に最新技術と設備の導入を図ってまいりたいと考えております。

浄水器

これは治療用椅子に内蔵された浄水器です。
水道水を浄水器に通し、さらに清潔な状態にしてから治療用水として使用しています。

空気清浄機

診療室の薬品の臭いをしっかりと消したいので空気清浄機を入れ替えました。
従来のものも強力だったのですが新しいものはさらに強力です。